加熱済み宇宙食4691パック

はてなダイアリーより移行

国会図書館のトラブルに関する報道


MSN産経ニュース国会図書館トラブルに関する記事が出た。

2012.1.16 15:11


 国立国会図書館で16日、利用者の入館状況や、蔵書を管理するコンピューターシステムにトラブルが発生、書籍の貸し出しを手作業で行うなど業務に支障が出た。今年に入り、新システムに切り替えたための不具合とみられ、同館で原因を調べている。


 新システムは6日に導入。7日、14日にも同種のトラブルがあり、これで3度目となる。

http://sankei.jp.msn.com/life/news/120116/trd12011615110010-n1.htm


14日に行った時はシステムが稼動してた時でも、利用者が職員にクレームつけてる光景が見られた。システムダウン時には奇声を上げる人もいた。あんな殺伐した図書館はオラ嫌だ〜。正直、前のシステムに戻してほしい。10日で3回も落ちるなんて逝き過ぎィ!

DRAGONBALL EVOLUTION(小説版)補足


昨日の日記で、ドラゴンボールの小説版ならではの展開は無いと書き、あたかも小説版で得られる物があまり無いかのように扱った。その後読み返してみると結構世界観を読み解く鍵が盛り込まれているのに気づく。昨日の文章は先走りが過ぎた事がわかった。先走りすぎは命に関わるぞ(タクアン和尚風)

続きを読む

DRAGONBALL EVOLUTION(小説版)


ずっと買い忘れていたドラゴンボール実写版の小説版をようやく購入する。映画のど迫力のアクションに興奮させられたが、敵であるピッコロ大魔王やマイのバックストーリーがあまり語られなかったのが少し不満だったので、小説版で補完しようと思っていたのだ。(以下ネタバレを含む)

続きを読む

奴隷

宇宙船レッド・ドワーフ号の小説版を読んで、心に引っかかったくだりをメモ

クライテンを見ていると、なぜかひどく落ち着かない気分になるのだが、その理由がよくわからない。クライテンは奴隷で、リスターはそれが気に入らなかった。どういうわけか、人類は他人を奴隷にせずにはいられないらしい。黒人という奴隷、階級という奴隷、主婦という奴隷、そしていまはメカノイドという奴隷。そのときふと気がついた。気にさわるのは奴隷だということではない。もちろんそれも気にさわるが、もっと気にさわるのは、クライテンが喜んで奴隷をやっていることだ。文句も言わず、それどころか進んで命令に従っている。うれしそうに奴隷をやっている。それが気にさわるのだ。


「宇宙船レッド・ドワーフ号」小説版第1巻258ページより抜粋

宇宙船レッドドワーフ号小説版

昨日、会社帰りにブックオフをぶらついていたら発見したので狩る。普通はamazon7&Yで注文するべきなんだろうけど、「ノベライズとかあったっけな、でもDVD-BOX買ったしいいか」ぐらいの認識だったのですっかり忘れていた。ああ畜生。原作者による決定版だったんだ!富野監督が書いたガンダム小説の如き本気溢れる力作だったんだ。もっと早く読むんだった。


宇宙船レッド・ドワーフ号〈1〉無限の宇宙そんなに急いでどこへ行く

宇宙船レッド・ドワーフ号〈1〉無限の宇宙そんなに急いでどこへ行く

宇宙船レッド・ドワーフ号〈2〉素晴らしきかな人生

宇宙船レッド・ドワーフ号〈2〉素晴らしきかな人生

ロマンティックな狂気は存在するか(春日武彦)


イン殺さんが紹介していて、前々から読みたかった本を古本屋で発見し購入。これからじっくり読もう。


ロマンティックな狂気は存在するか (新潮OH!文庫)

ロマンティックな狂気は存在するか (新潮OH!文庫)