加熱済み宇宙食4691パック

はてなダイアリーより移行

博麗神主のゲームが先かお酒が先か 第105回「フォレストガンプのテーマレストラン(店名記載無し)」

コンプエース2018年10月号(2018年8月25日発行・発売)
(あらすじ)
ZUN氏が2016年の12月にフォレストガンプをテーマにしたエビのレストランに行ったものの呑み始めたタイミングで妻の陣痛が始まったとの事で即呑みが終了になった事があったが、アメリカンなサイズのビール、クッソ熱い夏にエビとビール呑みてえって事で再び「フォレストガンプのテーマレストラン」へ(第85回と同じブランドのレストランと思われるが、どの店舗かについては不明)

今回の飲食

今回の東方挿絵

コロナリータを不思議そうにいじっているクラウンピースと、「危ないよ…」と言わんばかりに不安げなヘカーティア。隣の席には霊夢と正邪と針妙丸の姿がある。(絵:水炊き)


コンプエース 2018年10月号

コンプエース 2018年10月号

博麗神主のゲームが先かお酒が先か 第104回「神楽坂の離島にテーマを絞った店(店名記載無し)」

コンプエース2018年9月号(2018年7月26日発行・発売)
(あらすじ)「今、離島が沸騰している!」とのコラム冒頭言にあるように今回のテーマは「離島」。神楽坂の離島にテーマを絞った店(店名記載無し)へ。

今回の飲食

今回の東方挿絵

青ヶ島の焼酎「あおちゅう」を飲む青娥と色々な酒の数々に驚く芳香(絵:水炊き)


博麗神主のゲームが先かお酒が先か 第103回「乃木坂のペルー料理とタイ料理の店(店名記載無し)」

コンプエース2018年8月号(2018年6月26日発行・発売)
(あらすじ)ペルー料理が熱い。ワールドトラベルアワードの「世界で最も美食を楽しめる国部門(World's Leading Culinary Destination)」で6年連続(2012〜2017年)で最優秀賞というくらいには熱いという事で、乃木坂にあるペルー料理とタイ料理を両方食べられる店(店名記載無し)へ。

今回の飲食

  • アンティクチョス(串焼き料理。牛のハツを用いるのがポピュラー)
  • セビチェ(魚のマリネ)
  • アヒデポヨ(鶏胸肉のクリームチーズ煮込み)とジャスミンライス
  • ペルービール(クスケーニャ、クスケーニャブラック、クリスタル)
  • ペルーワイン(『タカマ』ワイナリーの赤ワイン)
  • ピスコ(葡萄の蒸留酒

今回の東方挿絵

ペルーワインを飲む女苑とピラミッド型に盛られたジャスミンライスを食べる紫苑(絵:水炊き)


コンプエース 2018年8月号

コンプエース 2018年8月号

博麗神主のゲームが先かお酒が先か 第102回「神田神保町の沖縄料理店(店名記載無し)」

コンプエース2018年7月号(2018年5月26日発行・発売)
(あらすじ)ニコニコ超会議に始まり、博麗神社例大祭で終わる怒涛のゴールデンウィーク云々と時候の挨拶をし、そういえば五月晴れはもともと梅雨の合間の晴れだが新暦だと春と梅雨の間の晴れのイメージになるね云々と太陽暦太陰暦のギャップについて語っていき、ともかくそんな五月晴れ(現代的用法)の暑さを沖縄のクラフトビールでどうにかしたい…と思ったら呑みの日は雨と寒波に襲われた…な回。なお、今回のコラムでは沖縄料理店の店名が明記されていない

今回の飲食

今回の東方挿絵

沖縄料理という事でかりゆしを着たキャラである高麗野あうんが登場(絵:水炊き)


博麗神主のゲームが先かお酒が先か 第101回「馬喰ろう 新橋店」

コンプエース2018年6月号(2018年4月26日発行・発売)
(あらすじ)4月=春=桜。しかし桜の開花が早かったためか散るのも早くて…という事で桜肉とも呼ばれる馬肉で花見酒という流れ。新橋にある馬肉料理の店「馬喰ろう」が今回の呑み処。

今回の飲食

  • ビール
  • 馬肉に合う日本酒(一般名詞ではなくそういう名前。日本馬肉協会と若駒酒造のコラボ酒)
  • 829(バニク)(日本馬肉協会と長野の酒造「豊島屋」とのコラボ酒。「豊香829GRILL」)

馬肉についてはこうね(タテガミ)、ふたえご等の馬刺しの部位説明、それ意外のステーキ、焼肉、しゃぶしゃぶ…等の肉メニューの紹介をしているが実際にどれをどれだけ食したかについては厳密には不明

今回の東方挿絵

今回の店が馬肉料理屋なので汗タラタラの馬に乗る神子と、その傍らに立つ布都(絵:水炊き)


博麗神主のゲームが先かお酒が先か 第100回「神主のおうち」

コンプエース2018年5月号(2018年3月26日発行・発売)
(あらすじ)「博麗神主のゲームが先かお酒が先か」が100回の大台に突入、これまで色々な店で呑んできたがそれではカバー出来ない呑み、それが「宅呑み」。という事で記念すべきこの回はZUN氏の自宅での宅呑みとなった。(「神主のおうち」は店名ではない)

今回の飲食

などなどとにかく圧巻の集大成的呑み空間がそこに形成されていた。

今回の東方挿絵

部屋で宅呑みをする霊夢魔理沙。そしてぞろぞろとやってきたチルノ、早苗、妖夢、咲夜、鈴仙、文(絵:水炊き)


コンプエース 2018年5月号

コンプエース 2018年5月号